生活習慣病

生活習慣病とは何でしょうか?

生活習慣が原因で起こる病気です

生活習慣病とは、食事、運動、喫煙・飲酒などの生活習慣が発症・進行に深く関わる病気の総称です。
主なものに糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)などがあります。
生活習慣病でご注意いただきたいのは、「自覚症状がないまま進行する」ことです。
栄養バランスの悪い食事を長年続けたり、ほとんど運動しなかったり、過度な飲酒や喫煙を続けたりすることで自覚症状なしに発症・進行して、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中などの重篤な疾患を引き起こす場合があるのです。

こんな生活習慣に心あたりはありませんか?

  • ついつい食事を食べ過ぎてしまう
  • 満腹になるまで食べる
  • 食事の栄養バランスが悪い
  • 不規則に食事している
  • 炭水化物や油っこいものばかりを食べる
  • 塩分や脂肪の多い食事を摂る
  • 食べ物の好き嫌いが激しい(偏食)
  • ほとんど運動しない
  • 最近、太ってきたと感じる
  • お腹まわりに肉が付いてきた(内臓脂肪型肥満)
  • よくお酒を飲む
  • 煙草を吸う
  • ストレスがたまっている
  • 疲れがたまっている
  • 夜、よく眠れない

など、こうした生活習慣を長く続けていると、生活習慣病になる恐れがあります。
重篤な疾患の原因となる前に、お早めに天神橋筋六丁目のたむらクリニックへご相談ください。

生活習慣病の治療で大切にしていることは?

治療の基本は「生活習慣の改善」

生活習慣病の原因は栄養の偏った食事、過食、運動不足、飲酒・喫煙、ストレスなどとされていますので、治療ではこうした生活習慣を改善することが基本となります。
ただ、これまでずっと続けて来た習慣を変えることは簡単ではなく、途中で諦めたり、モチベーションが続かなかったりする場合があります。
そうした時でも意欲的に生活習慣の改善に取り組んでいただくために、医師が「ああしましょう」「こうしましょう」と提案するのではなく、患者様ご自身に「○キロ痩せる」「禁煙にチャレンジする」と目標を立ててもらうようにしています。
そしてそれを実際に言葉にしていただくことで、主体性を持って改善に取り組んでもらうようにしています。

生活習慣の改善だけでは不十分な場合にはお薬を処方

毎日の食事や運動などの生活習慣の改善だけでは不十分な場合には、血糖値や血圧を下げるお薬を処方します。
ただし、「お薬を飲んでいるから安心」とお考えになってはいけません。お薬による治療と並行して、食事療法・運動療法に取り組まなければいけません。
当院ではお薬をお出しする時には、それがどういう名前のお薬で、どうしてこれを飲まなければいけないのか、そしてどういう効果があるのか詳しくご説明して、患者様に主体性を持ってもらって生活習慣病の改善に取り組んでいただくようにしています。

主な生活習慣病は?

糖尿病

糖尿病とは、「インスリン」というホルモンの異常によって起こる病気です。
インスリンが不足したり、十分に機能しなくなったりすると血液中にブドウ糖が溜まって糖尿病の状態となります。
糖尿病をそのままにしていると、網膜症、腎症、神経障害といった合併症が起こる恐れがあり、これらは「糖尿病の3大合併症」とされています。

高血圧

血圧とは心臓から送り出された血液が血管壁に加える圧力のことで、血管壁に過度な圧力が加わっている状態のことを高血圧と言います。
高血圧の状態が長く続くと、血管に負担がかかって動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞、脳卒中、慢性腎臓病などの原因となる場合があります。
健康な方の血圧は120/80くらいですが、これが140/90になると高血圧と判断されます。
どちらか一方が上回っていても高血圧となります。

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)とは、血液中にコレステロールや中性脂肪などの脂質が異常に増加した状態を言います。
この状態が長く続くと動脈硬化を引き起こし、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、 閉塞性動脈硬化症などの原因となる場合があります。