消化器内科

消化器内科で受けられる診療は?

胃・食道・腸などの消化管全般の病気を診ます

消化器内科では、食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、胆道、膵臓といった幅広い消化管の臓器を診させていただきます。
各臓器の主な病気として胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎、胃がん、ヘリコバクター・ピロリ菌感染症、大腸がん、大腸ポリープ、肝炎、肝硬変、膵炎、膵がんなどがあります。

消化器内科を専門とする医師が診療します

天神橋筋六丁目・たむらクリニックの消化器内科では、「日本消化器内視鏡学会内視鏡専門医」「日本消化器病学会消化器病専門医」である副院長を中心に専門性の高い検査・治療を行わせていただきます。
消化器内科で対応する代表的な検査として内視鏡検査(胃カメラ検査・大腸カメラ検査)がありますが、当院では専門医による精密な検査が受けられます。

どんな時、消化器内科を受診したらいいのか?

  • お腹が痛い(腹痛)
  • 吐き気がする(嘔吐)
  • 下痢・便秘が続く(便通異常)
  • 便に血が混じる(血便)
  • 胃に不快感がある
  • 胸焼けがする
  • 吐血する
  • 食欲がない
  • 体重が急激に減少した

など、このような症状をお感じの時には、
お気軽に天神橋筋六丁目のたむらクリニックへご相談ください。

消化器内科で診る主な病気は?

胃・十二指腸潰瘍

胃・十二指腸潰瘍とは、胃液の刺激によって胃・十二指腸の組織が剥がれ、えぐれたような状態になることを言います。
通常、胃酸と粘膜のバランスが上手くとられているのですが、何らかの要因によりバランスが崩れると胃や十二指腸の組織が溶かされてしまいます。
主な症状はみぞおちを中心とした痛みで、胃潰瘍の場合、食事中から食後にかけて起こることが多く、十二指腸潰瘍の場合、空腹時に痛むことが多いとされています。
潰瘍から出血すると黒い血の塊を吐いたり、黒色の便が出たりし、出血量が多くなると立ちくらみやふらつきなどが起こることがあります。

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは、食べ物や胃液などの胃の内容物が食道へ逆流することで起こる症状の総称です。
食道と胃のつなぎ目には胃の内容物の逆流を防ぐ「下部食道括約筋」があるのですが、これが加齢などにより筋力が低下することで起こるとされています。
主な症状は食後の胸焼け、げっぷがよく出る、喉に酸っぱいものや苦いものが込み上げてくる感じなどで、従来、逆流性食道炎はご高齢の方に多いとされていましたが、最近では若い方でもよくみられます。
逆流性食道炎を放置すると潰瘍になったり、食道がんのリスクが高まったりしますので、症状に心あたりがある方はお早めに当院までご相談ください。
食事などの生活習慣の改善、薬物療法などで症状を改善へと導きます。

がん(食道がん・胃がん・大腸がん)

食道がん、胃がん、大腸がんの早期発見には内視鏡検査(胃カメラ検査・大腸カメラ検査)が有効です。
がんからお体を守るためにも、1年に1回の定期的な検査の受診をおすすめします。
当院では「日本消化器内視鏡学会内視鏡専門医」「日本消化器病学会消化器病専門医」による、専門性の高い内視鏡検査が受けられます。

ヘリコバクター・ピロリ感染症

ヘリコバクター・ピロリ菌とは胃の粘膜に棲む細菌で、これに感染すると胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎になりやすいとされています。
特にご注意いただきたいのが、「ヘリコバクター・ピロリ菌に感染すると胃がんリスクが年々高まる」という点です。
若年代の間でのヘリコバクター・ピロリ菌の感染率は低減していますが、まわりのご家族に感染者がいる場合、若い方でも感染している恐れがありますので、20~30代の方でも一度は検査を受けられることをおすすめします。

消化器内科で受けられる検査は?

胃カメラ検査

当院ではNBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)機能が搭載されたオリンパス社製の内視鏡システムを使って、専門医が病気の見逃しがないように精密な検査を実施いたします。また内視鏡検査を受ける際の苦しさを気にされている方も少なくないと思いますが、当院では鎮静剤・鎮痛剤を使用することで、通常の内視鏡検査よりもはるかに少ない負担で検査を受けていただくことが可能です。

大腸カメラ検査

内視鏡で結腸、直腸、盲腸、肛門などの臓器を観察する検査です。
大腸炎、潰瘍性大腸炎、痔核、大腸ポリープのほか、大腸がんの早期発見に有効です。
当院では見逃しがないように専門医が精密さを心がけて検査するとともに、鎮静剤・鎮痛剤の使用による負担の少ない大腸カメラ検査が受けられます。

ピロリ菌検査

ヘリコバクター・ピロリ菌の検査には、保険適応で行う場合と自費診療になる場合があります。
胃カメラ検査により胃・十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎と診断された場合、2回まで保険適用で除菌治療が受けられます。胃カメラ検査を受けられない場合は、他院からの内視鏡検査の診療情報提供書等がなければ、基本的に自費診療となります。